住化カラー株式会社
更新情報 サイトマップ 英語ページへ
企業情報 製品・技術情報 購買情報 品質・安全・環境 採用情報 「すみかからぁ」とは? お問い合せ
現在位置ホームの下の製品・技術情報の下の製品別ソリューションの下の着色材料の下の各種着色剤 比較一覧表
製品・技術情報製品・技術情報

製品別ソリューション


着色材料


【 各種着色剤 比較一覧表 】

・プラスチック用各種着色剤 比較一覧表

  純顔料 ドライカラー ペーストカラー リキッドカラー カラー・コンセントレート カラー・コンパウンド
マスターパウダー マスターバッチ
形態 微粉末 微粉末 ペースト リキッド 粉末〜粗粒 ペレット ペレット
顔料含有量(%) 100 40〜90 20〜70 10〜70 20〜80 〜75 (着色濃度)
担体 無し 金属石鹸等 可塑剤モノマー 可塑剤、界面活性剤 樹脂ワックス等 樹脂、等 樹脂
機能特性 分散性 × △〜○
樹脂影響 △〜○ △〜○
飛散・汚染性 × ×
計量性 × ×
汎用性 △〜○ △〜○ △〜○ ×
着色コスト △〜○ △〜○ ×

着色剤 着色剤特徴 着色例
ドライカラー 分散剤で顔料を表面処理した微粉末状の着色剤
ペーストカラー 糊状の担体に分散させた着色剤
リキッドカラー 液体状の担体に分散させた着色剤
マスターパウダー 顔料やフィラーを、樹脂やワックスといった固形状の担体中に溶融混練して分散させた粒状着色剤
マスターバッチ 顔料やフィラーを樹脂中に溶融混練して分散させたペレット状の着色剤
カラーコンパウンド 樹脂中に顔料やフィラーを分散させた粒状やペレット状の組成物で、希釈せずに使用する

▲前ページの表へ戻る

【 オレフィン・スチレン系 】

ポリオレフィンやスチレン系樹脂はその加工性や耐久性などから、多種多様な用途に使用されており、その着色剤には多彩な色調を付与すること共に、押出加工時のロングラン性向上につながる高度な分散性や、耐候性、流動性、安全性をなどさまざまな機能も同時に求められています。
当社は、こうした多くの分野でユーザーの高い評価を得ています。
対象樹脂 用途 形態
ドライカラー マスターパウダー マスターバッチ カラーコンパウンド
LDPE、LLDPE フィルム・押出成形用(汎用品)
重包装袋用  
特殊用途用(高分散、耐候、他)
HDPE フィルム・押出成形用(汎用品)
射出・ブロー成形用
PP フィルム・押出成形用
射出・ブロー成形用
TPE 射出成形用
  ※特に食品用途など安全性に配慮した製品として、PL登録品がございます。

【 スチレン系 】

対象樹脂 用途 形態
ドライカラー マスターパウダー マスターバッチ
微粉末 顆粒
GPPS、HIPS 自動車、家電、
OA機器、食品包装、
ABS
AS
その他スチレン系

▲前ページの表へ戻る

【 PET系 】

PET樹脂は、食品容器や医薬品、化粧品容器用など、高度な安全性を要求される用途に使用されておりますが、当社はこれら用途向けに、安全性を重視した「ポリオレフィン等衛生協議会登録品」のEPMカラーを用意しています。また、特に高い分散性を要求される非晶性PET(PET-G)フィルム用の着色剤として、高分散・高濃度のタイプも取り揃えています。かつ、お客様での着色合理化用として、配色使用できるにモノカラータイプのマスターバッチ(ベースカラー)もご用意しています。
対象樹脂 用途 形態
ドライカラー マスターパウダー マスターパッチ
PET フィルム・押出成形用
射出・ブロー成形用
繊維用
非晶性コポリエステル
(PETG)
フィルム・押出成形用
カレンダー成形用

▲前ページの表へ戻る

【 エンプラ系 】

対象樹脂 用途 形態
マスターパウダー マスターバッチ カラーコンパウンド
顆粒 微粉末
PBT 自動車、家電、
OA機器、他
PA6、PA66
PC
POM
PPE
GF-PET

▲前ページの表へ戻る

【 PVC系 】

PVC樹脂の歴史は古く、その優れた加工性や物性から、レザーなどの軟質用途から建材などの硬質用途までさまざまな分野に使用されております。当社では長年の技術と経験をもとに、種々のPVC樹脂の配合・成形方法に適した顔料を選定し、物性(滑性・耐候性・etc)を損なわない各種着色剤をご用意しております。
対象樹脂 用途 形態
ドライカラー マスターパウダー ペースト マスターバッチ
微粉末 粉末 粉末 顆粒
硬質 異型押出成形
半硬質 カレンダー成形
プラスチゾル ペースト成形

▲前ページの表へ戻る

【 ポリ乳酸樹脂、生分解樹脂 】

樹脂廃棄物の問題や脱石油素材への移行など、環境問題に対する意識の高まりと共に、ポリ乳酸を始めとする非石油系樹脂や、各種の生分解性樹脂の用途が急速に広がっています。
当社は、これら各種の生分解性樹脂に関して、着色剤だけでなく、物性改良のための機能性材料など種々の検討を積極的に進めています。
お客様のご要望に合わせ、各種の着色剤を設計致しますので、お気軽にご相談下さい。

▲前ページの表へ戻る

【 水性顔料 】

水性顔料とは顔料を水及び水溶性溶剤を分散媒として、高分散させた加工顔料です。分散剤としてノニオンタイプ、アニオンタイプ、カチオンタイプ、樹脂タイプ等の各種分散剤を使用した水性顔料を取り揃えております。用途により最適な水性顔料をご提案致します。
用途 特徴 形態
水性分散体
捺染 一般、高堅牢度タイプ ポルックスカラー
塗料 一般、高堅牢度タイプ特殊品
内添着色用着色コーティング用
壁材 エマルジョン用

▲前ページの表へ戻る

【 有機顔料 】

印刷インキ・塗料など各種用途に応じた製品をラインアップしております。
C.I   No. 製品名
オフセット・インキ用
Pigment Red 57:1
Pigment Red 57:1
Pigment Yellow 12
Pigment Yellow 17
Sumikaprint Carmine 6BC シリーズ(パウダー・ウェット)
Sumikaprint Carmine 6BS シリーズ(パウダー・ウェット)
Sumikaprint Yellow 3A-O
Sumikaprint Fast Yellow GBFN
フレキソ・インキ用
Pigment Red 48:1
Pigment Red 48:1
Pigment Red 48:3
Pigment Red 48:3
Pigment Yellow 14
Pigment Yellow 17
Sumikaprint Red KF シリーズ(パウダー)
Sumikaprint Red KF-ED シリーズ
Sumikaprint Red BF シリーズ(パウダー)
Sumikaprint Red BF-ED シリーズ
Sumikaprint Yellow GF シリーズ
Sumikaprint Fast Yellow GBFN シリーズ
グラビア・インキ用
Pigment Red 48:1
Pigment Red 48:3
Pigment Red 57:1
Pigment Yellow 17
Pigment Yellow 83
Sumikaprint Red S、Red K シリーズ
Sumikaprint Red B、Red P シリーズ
Sumikaprint Red 6BG シリーズ
Sumikaprint Fast Yellow GBFN シリーズ
Sumikaprint Fast Yellow HR シリーズ
一般インキ用
Pigment Red 22
Pigment Yellow 14
Sumikaprint Red ASF シリーズ
Disazo Yellow 5G-O
Disazo Yellow 6RW

▲前ページの表へ戻る

【 微粒化顔料 】

有機顔料は、被着色物中に粒子状で存在しています。その為、その粒子サイズや形状が、色相や透明性に大きな影響を及ぼします。
そこで、当社ではカラーフィルターやインクジェットといった特に透明性や彩度を要求される分野向けに、顔料粒子をサブミクロン(100nm以下)レベルまで細かくする、微粒化技術の開発を進めています。市販の各種有機顔料に適用し、ナノの領域への挑戦を続けています。画像2参照

▲前ページの表へ戻る

Copyright(C) SUMIKA COLOR CO., LTD. All rights reserved.